浮気調査

妻の浮気相談・身辺調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。

 

 

なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないということも、起こりうるからなんですね。

 

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは本意ではないはず。だからこそ、裏付け調査を探偵に依頼するほうがいいでしょう。ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、金銭面で揉めたパターンもあります。

 

というのは、最初に出してもらった金額のほかに「別料金」「経費」が加算されたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合は多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。
契約書にサインする前にチェックは入念にするのが必要だと思います。そのときの説明で納得がいかなければ、ほかのところを探せばよいのです。
興信所、探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社も存在するので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信頼ベースで選んだほうが良いですね。

 

一般的な浮気調査であろうと、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。
まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、よくよく確認した上で契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。
不倫の行き着く先って色々ありますよね。浮気が露見した結果、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することだってあります。
あるいは双方離婚してくっつくことだってあります。落ち着く先は色々ですが、めでたしめでたしと言えるエンディングは、あるわけがないのです。
かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。
もちろん、その証拠を集めるにはそれなりのワザとカンを必要です。
想定外のことがたくさん起きますし、それを即座に判断して行動する応用力も必要です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことは常識です。対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配偶者が不倫していたことが原因で家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になる場合もあります。

 

 

 

家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して裁判所内で協議が行われるため、当人たちだけよりも解決に向けて進展しやすいという良さがあります。

 

 

 

あまり怖がる必要はないでしょう。

 

 

 

そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。先に見積もってもらった金額に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、契約を破棄したいというと、キャンセル料をとられることがあります。トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認するのは不可欠なのではないでしょうか。ひとつでも納得いかない点がある場合は、違う業者を当たったほうが良いでしょう。配偶者の浮気がわかったときは、落ち着けと言われても無理かもしれません。

 

ただ、気持ちが鎮まったら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。
浮気はどう言い訳しようと、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸の内では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、しっかり支払ってもらうべきです。探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には悪質でいい加減なところも存在するので、依頼するなら事前に情報を集め、信頼ベースで選んだほうが良いですね。

 

 

 

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、よく確認して疑問点がすべて解消したところで依頼しましょう。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこでポロリと不倫が発覚した場合も増えているのです。

 

もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらと更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。SNSに関わる相手の態度というのは、不倫をしているかどうかの判断材料とも言えます。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

 

浮気が露見した結果、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展することも考えなければなりません。

 

 

 

表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。

 

 

いずれにせよ、本当の意味での幸せなんてあるわけがないのです。
探偵業者に配偶者の浮気の追跡調査を依頼すると、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。

 

探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、むこうが気付くようなことは、極めて少ないといっていいでしょう。
でも、「探偵を雇った」という事実で緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、気付かれてしまったという事例もあります。探偵の報告書を受け取るまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

 

浮気のきっかけになる可能性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同年代の思い出があるせいか当初は男女を意識せず、気持ちが通じやすくなるのです。
クラス会が終わってから、配偶者が不審な行動をするようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、やはり人によって違ってきます。自分以外の異性に優しくしたとか、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。

 

 

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、どちらにせよ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは慎むにこしたことはありません。32歳の主婦です。

 

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、最終的に離婚という結論が出ました。幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていくのです。
私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書というのを作ってもらいました。たとえ大手だからといって100パーセント素晴らしいとは言いませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと間違いが少ないです。中小にも良い会社はあるはずですが、中には充分な調査をせずに代金の支払いを求めてくる会社や料金が不明確だったりする会社もあります。そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、良い検討材料になりますね。

 

 

あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。

 

 

 

詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は用心してかかるべきです。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、再三にわたり電話をかけてくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。誠実な探偵業者はまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

 

 

 

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはありません。

 

 

老舗探偵社や興信所大手などでは、支払いはクレジットカードでもOKです。
明細書に記載される表示に配慮している業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーにバレる心配も要らないでしょう。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

 

 

興信所が作成する調査報告書は、業者ごとにスタイルはさまざまです。ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、なんでも証拠になるというわけではないので、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。調査報告書の利用方法を考慮した末、探偵社の中でも相応のところに依頼する必要があるでしょう。

 

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。

 

 

向こうが証拠を押さえていたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでとかなりの違いがあります。自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのもありでしょう。ふつうの金銭感覚でいうと、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、リーズナブルとは言えないでしょう。

 

そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、肝心の不倫の裏付けができなければ、損失は金銭的なものに留まらないですよね。
結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。

 

しかし、料金が高いほど、絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。
浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。
そのような方の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。

 

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。最も身近な人物に欺かれていたために、離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、人生に希望を見いだせなくなるという相談もしばしば聞かれます。それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。
失うものが多いのに対し、得られるものが少ないのが不倫の特徴です。たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、お気楽すぎるように思えてなりません。

 

 

浮気相手が加わって大問題になったものの、もともとは夫婦間の問題。不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。軽率のツケは高くつくでしょう。
資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、相応の能力や習熟が必要でしょう。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあるという話ですし、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。

 

費用対効果があるプロフェッショナルに調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことがお金も時間も無駄にしないコツです。
探偵の看板を掲げるには特殊な免許資格は不要です。

 

ただ、平成19年の探偵業法の施行により、業務開始前日までにその地域の警察署に赴き、届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可を受ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。

 

 

不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。

 

パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。たとえば、体の関係があるのだと客観的に分かるメールに、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。
近頃ではスマホの普及でメールだけでなく、ライントークやSNSのやりとりが証拠として認められることも多くなりました。

 

全部がそうというわけではありませんが、探偵社では無料で相談員と話ができるケースもあるようです。右も左も分からないまま依頼してしまう前に積極的に受けておいて損はないでしょう。

 

 

その会社の対応状況などを判断する上で重要な情報が得られるからです。

 

 

先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。不倫の理由にしばしば挙げられるのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないということに集約できるようです。異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。

 

 

 

理由が分かったところで許せるものでもありませんから、あらかじめ双方の言い分を尊重し、お互いに何が不満なのかを話してみて、認識するのも大事です。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。探偵業を営むという点で変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。

 

もし依頼するのが浮気調査などであれば、どちらに頼んでも問題はありません。とはいえ、得意とする分野については業者によって異なるため、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。
かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。
証拠を押さえるためには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が必要です。想定外のことがたくさん起きますし、それを素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

 

 

 

対象となる人物に調査案件が知れてしまえば依頼者に不利益をもたらしかねませんので、常に細心の注意を払うことが大事です。
信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。

 

 

 

裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係に愛想がつきるということもあるようです。

 

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、以前からの罪悪感もあって、別れようという気持ちになりやすいといわれています。本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻からすると浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

 

その許す事ができない行為を黙認することはありません。浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、携帯(スマホ)ですね。

 

 

 

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、身内の方による浮気調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に取り上げてみました。普通の調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に相手を追うことから始まります。

 

何日も調査しても経費がかさむだけですから、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、非常に重要な問題だと思います。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積もりなしに契約することはないので安心です。

 

悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで会ってもらえば話もしやすいでしょう。

 

不本意な契約を避けることができます。

 

 

 

もし配偶者が浮気していた場合、慰謝料の支払いを求めることができます。

 

といっても簡単なことではありません。当事者だけで話しあえば、権利争いや感情面での言い合いになって、なかなか話がつかないことが多いです。時には裁判を起こさなければいけない可能性もあるので、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。